• 日本が誇るデザイナー高田賢三の素顔と横顔
  • 日本が誇るデザイナー高田賢三の素顔と横顔
  • 日本が誇るデザイナー高田賢三の素顔と横顔

37年間公私にわたって支え続けた鈴木三月が語る

日本が誇るデザイナー高田賢三の素顔と横顔

  • 日本が誇るデザイナー高田賢三の素顔と横顔
  • 日本が誇るデザイナー高田賢三の素顔と横顔
  • 日本が誇るデザイナー高田賢三の素顔と横顔

概要

2020年10月、KENZOブランドの創設者であり、パリはもとより世界的デザイナーとして活躍した高田賢三さんが新型コロナで逝去されというニュースは、文字通り世界中に衝撃をもって伝えられました。  フランスのマクロン大統領夫妻はすぐさま「私たちに色彩と自由をもたらした」と称え哀悼の意を表し、パリのアンヌ・イダルゴ市長は「悲しみは計り知れない。なんと才能のあるクリエイターであったことか。彼はファッションにおいて色と光に居場所を与えた。パリの街は今日、私たちの息子の死を悼んでいる。彼の家族や親しい人々、そして彼を愛したすべての人に思いを寄せている」と追悼したといいます。  新型コロナによる突然の悲しい知らせは、37年間ビジネスパートナーとして、また、プライベートパートナーとして高田賢三さんを支え続けた鈴木三月(すずきやよい)さんにとっても衝撃の出来事だったとか。  「熱があってね」とパリの賢三さんから電話を受けたわずか半月後のこと。突然の知らせに動揺しつつ、鳴り続ける問い合わせ電話やメールに対応して、PR(アタッシェ・ド・プレス)としての仕事をし続けたという鈴木さん‥‥。  鈴木さんが37年間もの間、高田賢三さんとすごした日々。そのなかで見た賢三さんの素顔と横顔。  鈴木さんが1冊にまとめあげた『高田賢三と私』(時事通信社刊 2,420円)には、美しいたくさんの写真と共に、鈴木さんだけが知るさまざまな魅力的なエピソードがあふれています。 
“夢追い人・高田賢三”。  日本と世界をモードという観点から橋渡しし続けた高田賢三さん。  賢三さんがファッションの世界にもたらした数々の影響と、その裏で鈴木さんに見せたプライペートな人間味。  数々の思い出ともに、ファッションの世界、パリのこと、そして日本との行き来など、鈴木さんだけが知る賢三さんを存分に語っていただく貴重な機会。  ファッションが大好きな方も、KENZOブランドを懐かしく思い出す方も、ぜひお越しください!  ご本をお持ちでない方には、今回、鈴木さんのご好意で特別価格にてお分けいただくことになりました。 
曜日・時間 6月30日(日)14:00〜15:30
会場 東館3F たまがわLOOP
持ち物
備 考 *体調がすぐれない方のご参加はご遠慮ください。 *原則として申し込み後のキャンセルはできません。止むを得ない事情でキャンセルされる場合は、開催日の7日前まで受付。事務手数料(税込550円)をのぞいた金額を返金いたします。それ以降のキャンセルは、参加費全額を頂戴いたします。
残席状況
WEB受付開始日時 2024/05/20(月) 17:00
WEB受付終了日時 2024/06/27(木) 12:00
その他資料      

スケジュール

日 時
2024/06/30(日) 14:00〜15:30

講師紹介

鈴木 三月

鈴木 三月

プロフィール

東京都出身。パリソルボンヌ大学、Institute Catholique大学短期留学後、パリプレタポルテ・オートクチュール協会日本事務所入社。 その後(株)エルカ入社、KENZOのレディースPR担当として働く。 1991年日本におけるアタッシェ・ドゥ・プレスの先駆けとして(株)パザパを設立。ヨーロッパのファッションブランドのPR及び、高田賢三本人とのパーソナルマネージメント及びKENZOのPRを行う。 2000年高田賢三氏の共同経営者として(株)KENZO TAKADAを日本に設立。 2011年(株)パザパを、(株)セ・シュエットに社名変更。 2013年調理師免許取得後、フードアドバイザーの仕事をスタート。 2020年10月、SHOP CHANNELにて自身のウィメンズのブランド・ミニマライズ+プラスをスタート。 2023年2月『高田賢三と私』を出版。 2023年4月姫路市主催・姫路城世界遺産登録30周年記念事業トークイベントにて講演。 2023年11月公益財団法人神戸ファッション協会主催・ファッション『スペシャル・ステージ』イベントにて講演。
 

お申し込み

料金区分 参加費
参加費 3,300円
参加費本代込 5,300円